another image

アクセスカウンタ

zoom RSS 我こそサンタクロース!

<<   作成日時 : 2015/12/18 02:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 はい。
 やってきましたワンダーランドウォーズVer.1.50A。

 平均的な戦闘力は各キャストで確保させつつも特徴をきちんと出していった調整でしょうか。
 どっちかというとキャスト単位よりも基本のシステム(拠点殴りとかソウルゲージとか)で駆け引きができるようになった部分が目立ちますね。
 キャスト専用装備が若干物議を醸してるみたいですが、まあ、あれはああいうものでしょう。
 ないと話にならんとかいう代物ではなく「さらにキャストの特徴を伸ばしたければコレ」というチョイスに落ち着くはずです。
 特にショットスパム系のアシストは、対面アタッカー視点で見れば、そのぶん相手が隙を晒しているってことにもなるんですし。

 にしても。

 ミクサ! はやい! つよい! めっちゃページ増える!
 開幕からばんばん相手に迫っていくストレートぶっ刺しスタイルの自分にはベストマッチですよ。マッチ売りだけに。
 ただ機動戦・接近戦主体だと美猴でいいんじゃないかという話も……確かに猿のほうが安定感あります。
 でもあらかじめストレートを刺しておいて相手に警戒させて兵士裏まで下がらせてから、発生チョッパヤになったラインフレアで画面端の相手を突然キルできるというのが美猴にないアドバンテージか。
 だいたいね、ラインフレア=曲がるクリスラなので弱いわけがない
 ヒートインパクトが硬直渋くなって追い討ちにも使いづらくなりましたが、フレイムショットの壁際置き弾としての使い道はまだまだ生きてます。
 パワーでのゴリ押しよりも「行くのか? 行かないのか?」的な駆け引きを好む向きにはオススメできるミクサに仕上がっていると感じました。

 ミクサのアシストビルドは火鼠餅食らい冒険ターバン玉龍です。火鼠はそろそろ外せるかもしれない。
 それと端レーンについて。
 わざと敵兵の列にめり込むように位置して、敵兵に撃たれないようにたまに左右に避けながら列を適度に崩しつつ(味方兵の援護射撃必須)、相手がストレート打ってきたら「さらに相手に接近するか、味方兵の列まで戻る」を繰り返して最終的に相手に対して「こちらの裏を取るか(勿論裏取りの動きはストレートとドローで止める)、または拠点の後ろまで下がる」二択を強要するようにしたら、結構有利取れるようになってきました。
 下手したら横槍からのLINKで即死する諸刃の剣なのであまり他人には勧められないムーブですが。

 リンちゃんもわりと頼もしい感じに。
 はーとをあたためつつドローを丹念に使っていけば、もう船長相手にもひけを取らない。
 やはりリンははーとうぉーみんぐを常時かけつつ、いかにレーン戦でらいんふれあを使わずに戦えるかがポイントのような気がする。
 はーとさえ回転していればHP補給しつつMPお化けになれるので、理論上は何が来ようとガン有利なんですよ。
 攻撃判定面で他キャストに対してやや割を食ってるので読み負け事故が多くてあんまり強くなさそうに見えるだけ!

 リンのアシストビルドは餅食らい冒険ターバン小帽子玉龍。
 相手のドローを歩き避けするにはアシストで足まわりを鍛えておきたいのです。
 なんかタイガーリリーは自分のリンには合わなかった。MP余るしストレートが刺せない。ミクサに慣れすぎたか?

 今Verになってからはあんまり動かしてないけど、シャドウアリス。
 端でも中央でもジャマーとして相変わらず便利に動けます。
 もっとも、ずっと単一レーンに張りついてると、なんかその場をごまかしてたまにラッキーヒットで相手を追い払ってる、という感じで地味。
 シャリスを使うからにはおにさんこちらをうまく運用したいですね。
 突然不利レーンに飛んで状況をひっくり返したり、逆に有利レーンで圧倒したり。
 相手遊撃がこちらを追い掛けてぐちゃぐちゃになってる間に勝利をもぎ取るという、他のサポではできない形での盤面コントロールがやれるのでこれを活用しない手はないです。

 シャリスのアシストビルドは餅食らい冒険ターバン龍玉タイガーリリーです。とりあえず暫定。
 龍玉(ドラゴンボール。玉龍にあらず)は泡沫短剣と迷うところなんですが、急場でびっくり2回撃つこと考えるとMP盛れる龍玉で。
 シャリスは便宜上サポーターロールでありつつサブファイターになったりサブアタッカーになったりできる器用な子ですが、個人的には立ち回り面ではアタッカー寄り、でも装備はファイター風のほうが動かしやすいです。

 よく見たらどれもアシスト餅食らいつけてるな。
 なんで餅食らいかというと、万が一防御低下や毒を食らったあとでもとどめの攻撃で死なずに逃げられる可能性が高いからです。
 純粋なHP補助タンクとしてもデメリットないわりには依然有効でしょう。
 と言いつつ千色コートがちょっと気になる年頃。

--

 ああ。
 あと、これは言っておかねばならなかった。
 かぐや。
 うーん、無理じゃないかな……これ。
 周りのかぐや使い、結構辞めちゃってますね……
 自分のビルドからは元々月影抜いてあったんですが、ストレートドローの火力問題もあって、レーンで影響がでかすぎる。
 いやまあ完全に無理とまでは言わないんだけど、相当きわまったビルドでないと動かせない。
 ものすごく難しいキャストになった。次パッチまで封印するしかないのか。

--

 そうそう。究極ミクサ称号、昨日ちょうどとれました。
 いや。無論欲しかったのですけれども。
 2ヶ月ほどプレイにブランクがあったし、最近は持ち直したものの一時期マジで洒落にならん負け方してたから、感慨薄いというか、こんなんでスマンというか、ようやくというか……

 ミクサはわるないよ。おじさんが不甲斐なしなのだ。がんばらねば。
 端修業したけどやっぱり遊撃のほうが性に合ってる。敵陣の森に住みたい。いっそ家建てたい。
 あっでもリンちゃんはかなり面白いです。
 もしも2抜き安定できるほど超絶な腕前が自分にあればもっとやりたいんだ。本当よ。

--

 たまーに修練で他キャストも結構動かしてみてるけど猿はともかく自分の桃様弱すぎで笑ってしまう。
 リンよりレーン上げ遅いときすらある。なんでだ!

--

 しまった! 表題が大聖なのに全然大聖使えてないよおじさん!
 大聖かわいいよ。もふもふ。

 新キャストは設置型妨害撒きつつ前進していくドルミール、そしてレーン戦をこなしつつ対面キラーとなれるデスフック。意外と今までありそうでなかった立ち位置で両者とも面白いですね。
 まだまだわからん殺しが結構ヤバイ感ですけれど。
 ドルミールは茨で壁を自由に出せて(短時間とはいえ拠点殴れなくできるのはスゴイ)、超長くて速いドローで裏取られにくい反面、横槍対処がものすごい苦手。
 デスフックはレーンでソツがないのがまず強みで、キルスキルに爆発力がある、けど燃費にやや難がある印象。

 さて。しかし、まだ1.50Aは始まったばかりですよ。
 ほんとうのぶとうかいは年明け(いつですか!)から!

--

 さいきんの おしごと じょうほう

・ワンダーランドウォーズ
 1.50でも追加ボイスなど書かせていただいてます。
 ねないこだれだ?

・チュウニズム
 言ノ葉プロジェクトのキャラなどでフレーバーテキスト書きましたー。
 内容詳しくはチュウニズムネットをごらんください。
 しかしあんまりいろんな奴書いたからおじさんネタが尽きかけたね一瞬……
 だけど、みんな楽しんでくれればと思う。 

・コードオブジョーカー
 エージェントラボのマイユニットセリフ、前回に続いて今回も書きました。
 あざぜるのれべるをあげたい。

 先の予定は未定〜。
 ではでは。

月別リンク

我こそサンタクロース! another image/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる