another image

アクセスカウンタ

zoom RSS 誰のための力か

<<   作成日時 : 2016/06/25 13:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 お久しぶりです。まだいきてました。

 だいぶ前ですが映画「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」を見てきました。
 キャップ好きなのです。(DECOのゲーム・アベンジャーズが最初のきっかけだったりはしますが……ヴィジョンを知ったのもここ)

 しかしこの映画、アクションのお祭り感タップリに比べて、話は全体にとても悲壮が漂う。
 バッキーが笑顔を見せるたびに誰かのトラウマが抉られるので見てて、誰も悪くないというのに実に、うごごご。
 元を辿るとだいたいハイドラのせいなんだけど。
 陛下の巻き込まれ方とかひどい。

 社長とキャップ、思想的には決定的に違っていて一時は本気で殺し合うことになってしまうのが、さらにせつない。
 それでも互いを思いやる情はしっかりあって、良かれと思って、正しい選択をして、だからこそ、拗れる、というのがまた。
 サノスの脅威が迫っているというのに、果たしてどうなっちゃうのか。アッセンブルできるのか。

 でも空港でのバトルはしっかりエンタメに徹していて楽しかった。特にアントマンがいいね。
 あんだけみんなで暴れ回ったらヒーローは市民にとって恐ろしい存在だってのも一層説得力が高まってアレですけど。

 うーん。それにしても話の流れがうまいなあマーベルシネマティックユニバースは。
 単体で見るとなんだかわからんところでも全体の大きい流れが非常にそそられるんですよ。大河ドラマだ。

---

 今期のアニメはマクロスデルタと12歳を見てる(見てた)。
 マクロスはなんというか、エンタメとして面白いかどうかのギリギリの線を意図的に攻めてきてる気がしていて。
 それでもバトルミュージカルとしてのひとつの到達点になってきてると思う。それでいいのよ。

 12歳はオッサン視点で見ると昼ドラ的でかなーり楽しめる。

---

 あー。そうそう。ツイッター始めてます。アカウントはSamuraiS_wlwです。
 日々のゲームプレイについてはヒで書くことになると思います。

 ワンダーもCOJもボダも楽しい。セガのゲームは世界一。

---

 休職して半年経つけどぼちぼちリハビリしていきたいです。
 何したらいいのかはよくわからんが何かするのさ。すればわかる。

月別リンク

誰のための力か another image/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる